楢橋里彩

粤工大湾区

香港ー最新情報◆深センで初の香港・マカオから公務員募集粤港澳大湾区の発展に向けて深セン市で初めて香港・マカオ住民から公務員の募集が行われたことがわかりました。△星島日報深センでは11月、公務員募集公告を出し5類923ポストで1069人を募集。うち5ポスト
『【中国最新情報】「深センで初の香港・マカオから公務員募集」』の画像

香港ー最新情報◆施政報告で大湾区青年就業スキーム林鄭月娥・行政長官が11月25日に施政報告(施政方針演説)を発表しました。関連記事:施政報告、200項目新措置提示香港の若者が粤港澳大湾区の中国本土側の都市で就業するための具体的措置が盛り込まれました。林鄭
『【香港最新情報】「施政報告で大湾区青年就業スキーム」』の画像

香港ー最新情報◆大湾区への融合へ出入境再開急ぐ林鄭月娥・行政長官はこのほど、粤港澳大湾区の発展に関するセミナーに出席しました。林鄭長官はセミナーで「香港は金融、航空、貿易などの分野で粤港澳大湾区の発展に融合でき、まずは人の往来を再開させなければならない」
『【香港最新情報】「大湾区への融合へ出入境再開急ぐ」』の画像

香港ー最新情報◆香港、本土でブランド確立サポートが可能に全国人民代表大会(全人代)香港代表で深セン前海管理局香港事務首席連絡官を務める洪為民氏は、中国の内需に重点を置く戦略の下で香港はメーカーや製品のブランド確立で役割を発揮できるとの見方を示しました。△
『【香港最新情報】「香港、本土でブランド確立サポートが可能に」』の画像

香港ー最新情報◆林鄭長官、香港と深センの協力提唱林鄭月娥・行政長官は10月20日、行政会議に出席する前の記者会見で深セン市と香港の関係に言及しました。先に深セン経済特区成立40周年記念式典が行われた後、ちまたでは香港がすでに深センに後れを取っていることや
『【香港最新情報】「林鄭長官、香港と深センの協力提唱」』の画像

香港ー最新情報◆粤港澳大湾区の香港人の投票便利化粤港澳大湾区の中国本土側都市(広東省9市)には50万人を超える香港市民が定住しており、これまで中央政府がそれら香港市民に対する多くの便利化措置を打ち出してきましたが、来週発表される施政報告(施政方針演説)で
『【香港最新情報】「粤港澳大湾区の香港人の投票便利化」』の画像

香港ー最新情報◆大湾区の発展に積極参入林鄭月娥・行政長官は9月18日、海南省三亜市で開催された2020年汎珠江デルタ地域協力行政首長連席会議にビデオ会議形式で出席しました。林鄭長官は「粤港澳大湾区の建設は新時代の国家の改革開放の下での重大発展戦略であり、
『【香港最新情報】「汎珠江デルタ首長会議、香港は大湾区に積極参入表明」』の画像

↑このページのトップヘ