楢橋里彩

ワクチン

◆『企業訪問ワクチン接種』スキーム、来週から開始特区政府は来週から新型コロナウイルスワクチンの出張接種スキームを開始します。△星島日報出張接種は、企業や機関が職員にワクチン接種を奨励するもの。十分な人数が集まるならば医療機関が自身の運営するワクチン接種セ
『【香港最新情報】「『企業訪問ワクチン接種』スキーム、来週から開始」』の画像

◆新規コロナ感染者は1人、感染経路不明は7日連続ゼロ香港特区政府衛生防護中心は5月14日、新型コロナウイルスの新たな感染者数を発表。△星島日報新たに確認された感染者は1人で、累計1万1819人(疑い例1人を含む)。過去14日(4月30日~5月13日)の累
『【香港最新情報】「新規コロナ感染者は1人、感染経路不明は7日連続ゼロ」』の画像

◆ワクチン接種後の死亡者は33人に香港特区政府5月12日、9日までの1週間で衛生署は254件の新型コロナウイルス感染症ワクチン接種後に発生した異常事態の報告を受けたことを発表しました。△星島日報報告には医院管理局が報告した5件のワクチン接種後の死亡案件が
『【香港最新情報】「ワクチン接種後の死亡者は33人に」』の画像

◆ワクチン接種後、30代女性が危篤新型コロナウイルスワクチン接種スキームが開始されて5月13日で77日が経過しました。△星島日報政府はこれまでに約185万6600本のワクチンを市民に接種。約112万3400人が1回目の接種を受け、うち約49万3500人が
『【香港最新情報】「ワクチン接種後、30代女性が危篤」』の画像

◆ワクチン接種で顔面麻痺、保障基金申請新型コロナウイルスのワクチンを接種後に、顔面まひが表れ、退院後に理学療法で治療を受けた建設作業員が、ワクチン保障基金に賠償を申請したことが分かりました。△星島日報26歳の建設作業員は3月24日に将軍澳体育館で科興生物
『【香港最新情報】「ワクチン接種で顔面麻痺、保障基金申請」』の画像

◆国薬のワクチン、WHOで緊急使用認可に世界保健機関(WHO)は5月7日、中国国薬集団が研究開発した新型コロナウイルス感染症(COVID―19)ワクチンを緊急使用リストに入れることを認可したと発表しました。△星島日報WHOは「国薬のワクチンはWHOが認証した
『【香港最新情報】「国薬のワクチン、WHOで緊急使用認可に」』の画像

◆マカオ、大型イベント解禁へマカオ特区政府は現在、大型イベント開催の制限措置緩和を検討していることが分かりました。衛生当局は大型の祝賀文化娯楽イベントと出席者400人以上が集まるイベントに対する条件を緩和することを検討。すでに2回の新型コロナウイルスワク
『【マカオ最新情報】「マカオ、大型イベント解禁へ」』の画像

◆復星医薬とBioNTech 合弁会社を設立、ワクチン生産へ復星医薬はこのほど、バイオNテックと合弁会社を設立し、mRNA新型コロナウイルス感染症(COVID―19)ワクチンの現地生産と商業化を実現することを発表しました。△星島日報合弁会社は上海市に設立し、期限は
『【香港最新情報】「復星医薬とBioNTech 合弁会社を設立、ワクチン生産へ」』の画像

◆母の日、レストランは大盛況新型コロナウイルス感染症(流行の下で2回目の母の日を迎えた5月9日、多くのレストランは母の日を祝う客で賑わいました。△星島日報レストランでは朝と昼に飲茶を楽しみ客が多く、中でも1卓6人までの利用が可能な「Cエリア」が最も人気で
『【香港最新情報】「母の日、レストランは大盛況」』の画像

◆ワクチンバブルでも、ワクチン接種の意欲がわかない市民8割以上病人医護権益協進会は5月9日、新型コロナウイルス感染症(COVID―19)のワクチンに対する市民の意識調査の結果を発表しました。△星島日報病人医護権益協進会は4月26〜29日、ネット上で718
『【香港最新情報】「ワクチンバブルでも、ワクチン接種の意欲がわかない市民8割以上」』の画像

↑このページのトップヘ