楢橋里彩

中国・広東省情報

◆新たな入境ルート「青茂口岸」が供用開始、24時間開放広東省とマカオの新たな出入境ルートとなる青茂口岸(出入境管理所)が9月8日に正式に供用を開始しました。△星島日報青茂口岸は珠海市の茂盛囲とマカオの青洲の隣の鴨湧河上に位置します。拱北口岸の西南約800
『【香港最新情報】「新たな入境ルート「青茂口岸」が供用開始、24時間開放」』の画像

◆中国本土留学の香港学生、過去最多に近年、中国本土で就学する香港学生が増加の一途をたどっています。特区政府教育局の楊潤雄・局長は18日、立法会で本土の大学進学支援についての質疑に対し、書面で回答しました。△星島日報それによりますと、政府は2020/21年
『【香港最新情報】「中国本土留学の香港学生、過去最多に」』の画像

◆海南島の免税市場、日系化粧品ブランドが進出加速 観光地として知られている中国南部に位置する海南島。2011年には離島免税制度を導入して以来、経済発展を遂げています。関連記事:海南省で初の「消費品博覧会」、参加した資生堂「化粧品市場のポテンシャルに手ごた
『【中国最新情報】「海南島の免税市場、日系化粧品ブランドが進出加速」』の画像

◆台山原発、燃料棒5本が破損広東省台山原発で放射性物質が漏えいした疑いがあるとの報道に対してフランス電力(EDF)が漏えいを否定したのに続き、国家核安全局が6月16日、事件の詳細を発表しました。△星島日報台山原発では6万本余りの燃料棒のうち5本に破損が発
『【香港最新情報】「台山原発、燃料棒5本が破損」』の画像

◆保安局、台山原発は問題ないと確認広東省台山原発で放射性物質が漏えいした疑いがあるとの報道に対し、特区政府は懸念を表明しました。△星島日報保安局は6月14〜15日、この件について中国本土の関連部門と連絡を取ったと発表。国家核安全局からの情報によりますと、
『【香港最新情報】「保安局、台山原発は問題ないと確認」』の画像

◆台山原発で気体漏れの事故特区政府保安局は4月8日、広東省原子力緊急委員会事務局から台山原子力発電所の運転事故について通知があったと発表しました。△星島日報同日の香港メディアによりますと、台山原発で5日、1号機廃ガス処理システムの運転中、監視システムによ
『【香港最新情報】「台山原発で気体漏れの事故」』の画像

◆深セン市羅湖区、「免税都市」を建設深セン市羅湖区はこのほど、「羅湖区産業発展第14次5カ年計画」を発表し、意見公募を開始しました。△星島日報計画では越境消費センターの建設、国際貿易免税都市プロジェクトの実施を加速させ、粤港澳大湾区の免税都市を建設するこ
『【中国最新情報】「深セン市羅湖区、『免税都市』を建設」』の画像

香港―最新情報◆スシロー、広東省に来春進出回転ずしチェーンのスシローが広東省に進出することが分かりました。△香港経済日報スシローを経営するスシロー・グローバル・ホールディングスは先ごろ来年1月に中国本土に子会社を設立。4〜9月に本土にスシローの支店を開設
『【香港最新情報】「スシロー、広東省に来春進出」』の画像

中国ー最新情報◆まるで日本?!広東省に「歌舞伎町一番街」が再現広東省仏山市で8月に新宿歌舞伎町を模した繁華街がオープン、話題をよんでいます。△香港01中国版「歌舞伎町一番街」は仏山市南海区金沙洲に位置します。通りには「停止」「徐行」「東京メトロ」などの日
『【中国最新情報】「まるで日本?!広東省に「歌舞伎町一番街」が再現」』の画像

中国ー最新情報◆深センで偽装離婚による不動産投機防止中国・深セン市では、今年に入ってから不動産市場が過熱しており、当局は再び抑制策を実施することになりました。△星島日報新たな規制措置は主に偽装離婚証明によって住宅ローンを申請して住宅投機を行う抜け道を塞ぐ
『【中国最新情報】「深センで偽装離婚による不動産投機防止」』の画像

↑このページのトップヘ