楢橋里彩

香港経済

◆財政長官、今年の経済は慎重的楽観陳茂波・財政長官は1月1日、公式ブログで今年の経済展望を語りました。△星島日報陳長官は「2023年は慎重に楽観させる1年となる」と言明。陳長官は最近ショッピングモールを訪れると来港した旅行者を見かけるようになり、小売市場
『【香港最新情報】「財政長官、今年の経済は慎重的楽観」』の画像

◆李長官、最優先課題はRCEP加盟李家超・行政長官は4日間のタイ訪問の日程を終え、11月20日にバンコクから香港に戻り、20日に記者会見を行いタイ訪問を総括しました。△星島日報李長官は、アジア太平洋経済協力(APEC)会議で、香港の優位性を紹介し、香港が
『【香港最新情報】「李長官、最優先課題はRCEP加盟」』の画像

◆キャセイ、日本発東南アジア便航空券を限定発売年末年始にかけて海外旅行への気運が高まりつつある中、今年に入り入国制限の緩和が進んだ東南アジア諸国においても渡航者の増加が見込まれます。△星島日報これに合わせてアジア旅行の再開を後押しすべく、キャセイパシフィ
『【日本最新情報】「キャセイ、日本発東南アジア便航空券を限定発売」』の画像

◆「0+3」実施から1週間、出境増加に「0+3」(ホテル隔離ゼロ+在宅医学観察3日間)の入境検疫措置が実施されて1週間が過ぎました。△星島日報特区政府入境処の統計では過去8日間(9月26日〜10月3日)の空港を経た出境者数は入境者数より多く、主に香港住民
『【香港最新情報】「「0+3」実施から1週間、出境増加に」』の画像

◆英ブリティッシュ・エアウェイズ、香港線の運航再開へ香港線の運航停止からすでに約1年となるブリティッシュ・エアウェイズは、12月初めに香港ー英国間の直行便の運航を再開させるもようです。△星島日報香港は現在、来港者に対して厳格な入境検疫措置を実施しているた
『【香港最新情報】「英ブリティッシュ・エアウェイズ、香港線の運航再開へ」』の画像

◆中国大手企業、観光地で続々出店新型コロナウイルス流行が続いていることによって観光地の店舗では閑古鳥が鳴いていますが、最近、中国本土の大手企業が続々と店舗賃貸を契約しています。△星島日報スポーツ用品の李寧が先に尖沙咀に旗艦店を開設したの続き、免税店のDU
『【香港最新情報】「中国大手企業、観光地で続々出店」』の画像

◆一帯一路サミット、韓副首相が出席第7回「一帯一路サミット」が8月31日〜9月1日、香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターで開催されています。△韓正・副首相:星島日報同サミットは香港貿易発展局(HKTDC)主催で、80カ国・地域余りの高官と
『【香港最新情報】「一帯一路サミット、韓副首相が出席」』の画像

◆PAGがハウステンボスの経営権取得アジア最大級の資産運用会社であるPAGは8月30日、株式会社エイチ・アイ・エス(HIS)との間において、HISが所有するハウステンボス株式会社の全株式を株式価値約1000億円が基礎となる価額で取得することに合意しました。PAGが日
『【香港最新情報】「PAGがハウステンボスの経営権取得」』の画像

◆本土で進学する香港学生、入境優先に学校では間もなく新学期が始まりますが、出入境と隔離施設の制限による影響を受けて中国本土の大学に進学する香港学生は新学期開始に間に合わないと懸念されています。△星島日報特区政府教育局は23日、香港学生が本土に入境して就学
『【香港最新情報】「本土で進学する香港学生、入境優先に」』の画像

◆上海と香港が科学技術協力イベント特区政府創新科技及工業局の孫東・局長は8月16日、上海市と香港の科学技術イノベーション対話のリモートイベントに出席しました。イベントでは上海側会場で上海市科学技術委員会の張全・主任らが出席。香港側はほかに香港科学園公司の
『【香港最新情報】「上海と香港が科学技術協力イベント」』の画像

↑このページのトップヘ