楢橋里彩

新型コロナウイルス

◆全面出入境再開、初日は28万人2月7日の行政会議は李家超・行政長官が中東訪問中であるため、行政長官代行の陳国基・政務長官が主宰しました。△星島日報同日の香港メディアによりますと、陳長官は午前9時半ごろに記者会見を行い、全面的な出入境再開に言及。初日の6
『【香港最新情報】「全面出入境再開、初日は28万人」』の画像

◆マスク拒否の老人、公務執行妨害で逮捕将軍澳で2月6日、マスク拒否の老人が暴れ、食物環境衛生署(食環署)の職員がケガをする事件が起きました。同日朝、パトロール中の食環署職員がマスクをはずしている男性を見つけ違反切符を切ったところ、男性は協力を拒否し公務執
『【香港最新情報】「マスク拒否の老人、公務執行妨害で逮捕」』の画像

◆全面出入境再開、24万人が出入境香港と中国本土の全面的な出入境が2月6日に再開され、すべての出入境管理所が開放され、人数制限やPCR検査が撤廃されました。△星島日報羅湖出入境管理所が3年ぶりに再開され、MTR東部線の羅湖行き始発が午前5時35分に沙田を
『【香港最新情報】「全面出入境再開、24万人が出入境」』の画像

◆尖沙咀の店舗、売り上げ20%増2月6日に中国本土との出入境が全面的に再開されることから、香港の消費・観光市場は新型コロナウイルス感染症流行後で最初のピークを迎えることが予想されます。△星島日報3日の尖沙咀や星光大道一帯では旧正月連休に比べて顕著に観光客
『【香港最新情報】「尖沙咀の店舗、売り上げ20%増」』の画像

◆6日から本土と全面的出入境再開香港と中国本土の出入境再開で新たな進展が見られ、李家超・行政長官らは3日、記者会見を行いました。△星島日報国務院連防連控機制は同日、6日午前零時から本土と香港・マカオの人員往来を全面的に回復すると発表。広東省・香港間の陸路
『【香港最新情報】「6日から本土と全面的出入境再開」』の画像

◆中港分断で越境家庭の8割が生活難新型コロナウイルス感染症流行の下で中国本土と香港をまたいだ婚姻家庭の多くは両地に分かれた生活を迫られ、生活難にあえいでいます。△星島日報社区組織協会は1月初め、中港分断の1人親の家庭52世帯を訪問。その結果、約8割の家庭
『【香港最新情報】「中港分断で越境家庭の8割が生活難」』の画像

◆李長官、速やかに全面出入境を実現李家超・行政長官は1月31日、旧正月明け最初の行政会議前の記者会見で中国本土との出入境再開などの問題に言及しました。△星島日報李長官は特区政府の2023年の目標として、香港を新型コロナウイルス感染症流行から脱却させ、正常
『【香港最新情報】「李長官、速やかに全面出入境を実現」』の画像

◆袁国勇氏、マスク着用令の解除反対特区政府の専門家顧問で、香港大学微生物系講座教授の袁国勇氏は、現段階ではマスク着用令を解除すべきではないとの見解を示しました。△星島日報26日の香港メディアによりますと、袁教授はマスク着用令の解除は3、4月まで待ち、毎日
『【香港最新情報】「袁国勇氏、マスク着用令の解除反対」』の画像

◆9割の市民、今年の海外旅行計画ネット上の旅行プラットホームの調査で、香港市民の海外旅行意欲が高まっていることが分かりました。△星島日報1月24日付香港各紙によりますと、調査では回答者の約9割が今年、海外旅行を計画しており、一部は2〜4回の旅行を希望。香
『【香港最新情報】「9割の市民、今年の海外旅行計画」』の画像

◆PCR検査と出入境枠の撤廃提唱新型コロナウイルス感染症の単日の感染者数はピークから減少し、陽性ケースは3日連続で2000件前後にとどまっています。ですが現在、香港市民に中国本土に入境するには48時間以内のPCR検査の陰性証明が必要です。△星島日報28日
『【香港最新情報】「PCR検査と出入境枠の撤廃提唱」』の画像

↑このページのトップヘ