楢橋里彩

関連ニュース

◆政府専門家顧問、「出入境再開は来年2月」政府の専門家顧問である香港中文大学呼吸系統科講座の許樹昌・教授は10月30日、マカオが中国本土との出入境を再開させた経験に照らすと香港と中国本土の出入境再開は来年2月になるとの見通しを示しました。△星島日報香港の
『【香港最新情報】「政府専門家顧問、「出入境再開は来年2月」」』の画像

◆公営機関、「安心出行」アプリが必須に特区政府は11月1日から多くの公営機関で入館時にアプリ「安心出行」を使用することを義務付けます。△星島日報新措置で「安心出行」使用が必須となる施設は政府ビル・施設、医院管理局本部と公立病院行政ビル、衛生署管轄下の場所
『【香港最新情報】「公営機関、「安心出行」アプリが必須に」』の画像

◆ワクチン接種センター、解放時間を短縮特区政府は10月31日、市民にできるだけ早く新型コロナウイルスワクチンを接種するよう呼びかけるとともに、ワクチン接種スキーム傘下のコミュニティー・ワクチン接種センターの開放時間変更を発表しました。△星島日報同日の政府
『【香港最新情報】「ワクチン接種センター、解放時間を短縮」』の画像

◆オーストラリア、香港市民の移民ハードル引き下げオーストラリア政府は新法例を発表し、香港市民が永住権を申請するハードルを引き下げることになりました。△星島日報オーストラリアで臨時卒業生ビザと臨時就業ビザを所有している香港市民は、在住4年で特設された「香港
『【香港最新情報】「オーストラリア、香港市民の移民ハードル引き下げ」』の画像

◆マカオからの入境、検疫免除を再開特区政府は10月28日、マカオの新型コロナウイルス流行状況が緩和したことを受けて、マカオからの入境者の検疫免除措置を再開すると発表しました。△星島日報同日の政府新聞公報によりますと、11月2日から「回港易」と「来港易」ス
『【香港最新情報】「マカオからの入境、検疫免除を再開」』の画像

◆科興ワクチン、3歲から適用を申請科興生物の新型コロナウイルスワクチンは、現在のところ18歳以上に適用することが当局に認可されています。△東方日報こうしたなか、特区政府は、香港のワクチン接種率が予想より低いことからさらにワクチン接種奨励に力を入れる考えで
『【香港最新情報】「科興ワクチン、3歲から適用を申請」』の画像

◆ハイリスクの人は3回目のワクチン特区政府衛生防護中心傘下の科学委員会は10月27日、行政長官専門家顧問団と連席会議を開催しました。△星島日報科学委員会はハイリスクグループの人が3回目の新型コロナウイルスワクチンを接種することを提案。がん患者などの免疫系
『【香港最新情報】「ハイリスクの人は3回目のワクチン」』の画像

◆「出入境コード」試験版が間もなく登場特区政府は先に中国本土と出入境再開に関するマッチング会議を実施。政府の専門家顧問は、香港が導入する「出入境コード」に追跡機能がなければ、中国本土は受け入れがたいことを明らかにしていました。△星島日報特区政府は短期中に
『【香港最新情報】「「出入境コード」試験版が間もなく登場」』の画像

◆梁振英氏、長期ボーダー閉鎖に警告香港と中国本土の出入境再開措置が注目される中、全国政協副主席の梁振英・前政長官は10月25日、SNSでこの問題に言及しました。△星島日報梁氏は、「長期的に出入境できなくても生活に影響はないものの、香港経済のために中国本土
『【香港最新情報】「梁振英氏、長期ボーダー閉鎖に警告」』の画像

◆マカオ経由も7日間は中国本土入境は不可マカオ特区政府は10月22日、香港から入境してマカオで14日間の隔離検疫を完了した後、7日間はマカオ経由で中国本土に入境できないことを発表しました。△星島日報同措置は23日午前零時から実施。マカオ特区政府は22日に
『【マカオ最新情報】「マカオ経由も7日間は中国本土入境は不可」』の画像

↑このページのトップヘ