楢橋里彩

関連ニュース

◆科興生物、オミクロンのワクチン研究新型コロナウイルスの新たな変異種オミクロンが拡散する中、香港のワクチンサプライヤーである科興生物がオミクロンに対応したワクチンの研究開発に着手することを発表しました。△星島日報科興はオミクロンを高度に注視し、すでに積極
『【香港最新情報】「科興生物、オミクロンのワクチン研究」』の画像

◆立法会選挙 ボーダーに投票所設置特区政府は11月29日、立法会議員選挙で選挙人が中国本土から香港に戻って投票する措置の詳細を発表しました。△星島日報政府は香港/深セン市ボーダー管制区の香港側に投票所(管制ポイント投票所)を設置し、本土に身を置く選挙人が
『【香港最新情報】「立法会選挙 ボーダーに投票所設置」』の画像

◆ブリティッシュ航空、香港線を停止ブリテッシュ・エアウェイズは、クルー2人が8日以内に香港で新型コロナウイルスへの感染が確認されたことから、さらに多くのクルーが香港で強制隔離されるリスクを低減するため、11月30日まで香港線の運航を停止することを発表しま
『【香港最新情報】「ブリティッシュ航空、香港線を停止」』の画像

◆まもなく出入境再開で、ワクチン接種者が4倍に中国本土と香港の出入境再開が準備段階に入ったことを受けて新型コロナワクチンの接種者が増加しているもようです。関連記事:12月にも広東省入境が検疫免除に△星島日報26日に1回目のワクチン接種を受けた人の数は66
『【香港最新情報】「まもなく出入境再開で、ワクチン接種者が4倍に」』の画像

◆エリザベス病院、看護師がワクチン証明偽造エリザベス病院の新型コロナウイルスワクチン接種ステーションで、看護師がワクチン接種を受けたくない友人に偽装した接種証明を発行したことが分かりました。△星島日報同ワクチン接種ステーションは康健国際医療集団が運営して
『【香港最新情報】「エリザベス病院、看護師がワクチン証明偽造」』の画像

◆南ア変異種ウィルス株「オミクロン」で、入境引き締めアフリカ南部で新型コロナウイルス変異種ウイルスが発生し、世界保健機関(WHO)は11月27日に「Omicron(オミクロン)株」と命名しました。△星島日報特区政府衛生防護中心は27日午前零時からアフリカ
『【香港最新情報】「南ア変異種ウィルス株「オミクロン」で、入境引き締め」』の画像

◆マカオ、中国本土に合わせて香港と出入境再開マカオ衛生局伝染病予防・疾病監測部の梁亦好・協調員は11月25日、中国本土と歩調を合わせて香港との検疫免除による出入境を再開することを明らかにしました。△星島日報梁氏は「広東省、香港、マカオの3地は出入境措置で
『【香港最新情報】「マカオ、中国本土に合わせて香港と出入境再開」』の画像

◆中国本土との出入境再開の条件満たす香港と広東省の両地政府は深セン市で2回目の防疫措置マッチング会議を開催しました。△星島日報李家超・政務長官は会議後に香港に戻って記者会見を行い、会議で国務院香港マカオ弁公室の黄柳権・副主任が香港の新型コロナウイルス対策
『【香港最新情報】「中国本土との出入境再開の条件満たす」』の画像

◆香港で初めてアフリカ変異種を確認富豪機場酒店(リーガルエアポートホテル)で確認された2人の新型コロナウイルス患者が、アフリカ新変異種ウイルス株に感染していることが分かりました。△星島日報香港で初めて確認された南アフリカ新変異種ウイルス株となります特区政
『【香港最新情報】「香港で初めてアフリカ変異種を確認」』の画像

◆12月9日から「安心出行」を拡大特区政府は11月23日、大部分の社交距離措置の有効期間を14日間延長と、12月9日から「安心出行」の使用範囲を拡大することを発表しました。△星島日報12月9日から「安心出行」の使用範囲は「預防及控制疾病(規定及指示)(業
『【香港最新情報】「12月9日から「安心出行」を拡大」』の画像

↑このページのトップヘ