◆大戦時の水雷、ダイビング客が発見
香港警察は9月9日、石澳の東側海域で発見された戦時中のものとみられる水雷を無事処理したと発表しました。
23CAA018-2858-4D39-979D-473311D66C1C
△政府新聞処
同日付政府公報によりますと、水雷が見つかったのは今年8月。

8月9日午前にダイビングをしていた市民が海底に爆弾らしき物体があると通報し、その後の捜索で、19日に鶴咀(Cape D’Aguilar)から東北へ約1・4キロの水域の深さ15メートルの海底に水雷が沈んでいるのが見つかりました。

球状の水雷は高さ約1メートル、長さ約1・5メートル、重さは約1トンで、500ポンドの高性能爆薬が内臓されていました。

第二次大戦時の英国式水雷とみられています。

水雷は水中で処理しなければならないことから、海事処が水雷の周囲1キロ範囲内の水域を封鎖するとともに、警察が付近のハイキングコースを封鎖して市民の進入を禁止。

一帯上空の飛行が規制されるなどの安全対策が講じられ、
9月9日に爆発物処理課によって無事に処理されました。

香港では過去にも、市街地や工事現場から第二次大戦中の不発弾がたびたび見つかっています。
473c2b12-s
◎配信ニュースについての質問
◎取材・講演・セミナー依頼
◎香港にビジネス進出をお考えの方

楢橋里彩オフィシャルサイトに、お気軽にご依頼・お問い合わせください。
IMG_20220607_182247-1280x720
☆今年創刊35周年の日本語新聞「香港ポスト」
☆香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを平日毎日配信
☆メルマガは無料登録 
http://maroon-ex.jp/fx140298/ktiYEc