◆コロナ抑制ならば、検疫緩和へ
特区政府商務及経済発展局の丘応樺・局長は8月20日、香港電台(RTHK)の番組に出演しました。
0014_21
△am730
同日の香港メディアによりますと、丘局長は香港への入境者に対する検疫措置「3+4」について「多くの財界関係者がみな歓迎しており、来港者も増加している。だが約1週間実施しただけで、まだ実際のデータはないため時間が必要だ」と述べました。

また、入境規制に関する政策は実務的にバランスを取り、科学的裏付けが必要と強調。

新型コロナウイルス感染者数が減少すればさらに緩和の余地があると指摘しました。

ただし現在の新型コロナ流行は反復の趨勢があるため、注意が必要との見方を示しています。
参照:20日付am730
473c2b12-s
◎配信ニュースについての質問
◎取材・講演・セミナー依頼
◎香港にビジネス進出をお考えの方

楢橋里彩オフィシャルサイトに、お気軽にご依頼・お問い合わせください。
IMG_20220607_182247-1280x720
☆今年創刊35周年の日本語新聞「香港ポスト」
☆香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを平日毎日配信
☆メルマガは無料登録 
http://maroon-ex.jp/fx140298/ktiYEc