香港生まれの捜査犬、幼犬8匹お披露目
香港でも犯人追跡や毒物発見に捜査犬が活躍していますが、定年を迎える犬も多いことから、当局では輸入に頼らず香港で生まれた次世代の捜査犬育成に力を入れています。
8_0
△星島日報
2016年を皮切りに懲教署や警務処、消防処と協力して繁殖に成功している香港税関では、このほど機場保安有限公司と初めてタッグを組み、カップリングの末に生まれた幼犬8匹を6月9日、お披露目しました。
6
△星島日報
2月5日生まれの8匹は、オス5匹、メス3匹。
5_0
△星島日報
父は機場保安有限公司所属の爆発物探知犬、母は税関所属の毒物捜査犬(ともに犬種はラブラドールレトリバー)です。

8匹はDolly、Elly、Faddy、Eagle、Nico、Dolby、Hunter、Kiloと命名。
4_3
△星島日報
この名前には香港を守るという使命が込められており、それぞれの頭文字をとると「DEFEND HK」になるとのこと。
7_0
△星島日報
母犬の世話や幼犬の初期訓練は香港税関が担い、幼犬が満1歳になったら10〜12カ月におよぶ正規訓練を行い、その後テストに合格したら、6匹は税関で、2匹は空港で任務に着く予定です。
参照:9日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆今年創刊35周年!日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆メルマガ登録はこちら!
http://maroon-ex.jp/fx140298/ktiYEc