◆パレスチナとウクライナから入境禁止
特区政府は12月19日、パレスチナとウクライナを22日午前零時からAグループ地域(高リスク)に指定し、これら地域からの来港者のフライトの搭乗と検疫の要求を引き締めることを発表しました。
_2021121919160372363
△星島日報
パレスチナとウクライナではオミクロンの感染症例が確認されたことから政府はこれら地域をAグループ地域に指定。

過去21日間にこれら地域に滞在した非香港住民の入境は禁止となります。

香港住民はワクチン接種を完了し、認可されたワクチン接種記録を持っていればフライトに搭乗でき、香港到着後に指定検疫ホテルで21日の検疫を受けなければなりません。
参照:19日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから