◆国際医学雑誌『ランセット』、オミクロンに対するワクチン効用の研究発表
国際医学雑誌『ランセット』はこのほど、オミクロンに対するワクチンの効用に関する英国の研究論文を掲載しました。
i_src_050303832
△星島日報
科学者は7種類の新型コロナウイルスワクチンの追加接種の効用を比較し、いずれも安全で有効であることが分かったと発表。

中でもmRNAワクチンの効果が顕著で、ファイザー、モデルナの効果が最も大きかったことが分かりました。

同研究には2878人の試験志願者が参加し、全員ファイザーかオックスフォードのワクチンをすでに2回接種済でした。

研究チームは彼らにファイザー、モデルナ、オックスフォード、ジョンソン・アンド・ジョンソン、ノババックス、キュアバック、バルネバの7種類のワクチンを追加接種。

このうちキュアバック、バルネバのワクチンはまだいずれの国または組織からも緊急使用の認可を得ていません。
参照:
4日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから