◆(続報)キャセイパイロット解雇、コロナ感染の3人は何度もホテル離れた
特区政府衛生防護中心は11月20日、新型コロナウイルスに感染したキャセイパシフィック航空のパイロット3人について発表しました。
関連記事:キャセイ、コロナ感染したパイロット解雇
_2021112016143421767
△星島日報
衛生防護中心は先の調査で3人がドイツ・フランクフルト滞在中にホテルの部屋から離れておらず、ホテルが唯一の共通の感染経路とされていたと説明。

ですが、衛生防護中心が18日にキャセイパシフィック航空から受け取った3人に関する調査報告によってこれが覆されました。

キャセイパシフィック航空の調査報告を受けて衛生防護中心は3人のフランクフルト滞在期間の日程を調査。

3人はその後、数回にわたってホテルの部屋を離れてホテル周辺の場所を訪れたり、ホテルの外で友人と面会したことを認めました。

衛生防護中心は3人のウイルスのゲノム配列が高度に似通っているため、ホテルの外の共通の感染源から感染したとみられ、ホテル内で集団感染が発生する可能性は低いとの見方を示しました。
参照:20日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから