◆シェラトンホテルで感染者が確認
検疫指定ホテルとなっている東涌福朋喜来登酒店(シェラトン)で宿泊客2人の新型コロナウイルス変異種ウイルス「AY.4.2」の感染が確認されたことが分かりました。
_2021111222380027441
△星島日報
感染者のうち1人はタイから入境し10月22日に1517室に入居。

もう1人は英国から入境し11月1日に隣の1515室に入居し、英国からの入境者が先に発症しました。
_2021111222344438265
△星島日報
香港大学微生物学系の袁国勇・講座教授は、担当官とともに同ホテルを視察。

英国からの入境者は部屋で毎日フィトネスバイクを漕いでいたため室内のウイルス量が相当高く、ドアを開けて食事を取る際にウイルス量の高い空気が廊下に流れ、タイからの入境者がドアを開けて食事を取る際にマスクをつけていなかったために感染したとみられるとのことです。
参照:12日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから