◆検疫免除で中国本土入境、アプリ「安心出行」が必須
林鄭月娥・行政長官は先に来年2月にはそれなりの規模で中国本土との出入境を再開したいと表明しましたが、特区政府はその実現に有利な条件を整えるため出入境する香港市民にアプリ「安心出行(Leave Home Safe)」を強制的に使用させることを検討しています。
_2021110618212465627
△星島日報
検疫免除で本土に入境する香港市民には「安心出行」のインストールを強制し、過去14日間の行動記録を政府のサーバーにアップロードするようにします。

本土に入境した後、ひとたび感染者の密接な接触者と断定されれば特区政府が本土当局に通知し、本土で隔離を受けることになります。

ただし行動記録を本土当局に渡すことはないとのこと。

通報システムは双方向性を採用し、本土住民が香港に入境した後、本土当局が健康コードを通じて感染者の密接な接触者と断定した場合、特区政府に隔離するよう通知することになります。
参照:6日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから