◆政府専門家顧問、「出入境再開は来年2月」
政府の専門家顧問である香港中文大学呼吸系統科講座の許樹昌・教授は10月30日、マカオが中国本土との出入境を再開させた経験に照らすと香港と中国本土の出入境再開は来年2月になるとの見通しを示しました。
i_src_607233833
△星島日報
香港の高官が9月末に代表団を率いて中国本土に赴き防疫措置のマッチング会議を開催していますが、第2回会議と出入境再開についてはまだスケジュールは未定。

許教授は、中国本土メディアの取材を受けた際、前回のマッチング会議で本土側がマカオの例を挙げ、会議から正式な出入境再開まで4〜5カ月を要したと述べたことを明らかにしました。

このため、香港で散発的に感染者が出たとしても地場感染がゼロでウイルスが拡散していなければ来年2月に出入境が再開できるとみています。

ただし香港版健康コードが出入境再開に向けての要求の1つで、健康コードで使用する電話に追跡機能が必要であると指摘しました。
参照:10月31日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから