◆マカオからの入境、検疫免除を再開
特区政府は10月28日、マカオの新型コロナウイルス流行状況が緩和したことを受けて、マカオからの入境者の検疫免除措置を再開すると発表しました。
_2021102819143352467
△星島日報
同日の政府新聞公報によりますと、11月2日から「回港易」と「来港易」スキームを通じたマカオから香港への入境者の検疫免除措置を再開します。

この2つのスキームのネット予約システムは11月2日午前零時から稼働し、マカオから香港への入境者の予約を受け付けます。

ただし同スキームを経て香港に入境した場合はスキームの要求に応じて数回の核酸増幅検査を受けなければならず、入境後少なくとも14日間は健康状況に留意することとなります。
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから