◆マカオから珠海へ、入境は隔離なし
マカオでは「重点区域および群衆の核酸増幅検査スキーム」が完了しました。
_2021101815410066444
△星島日報
8万人余りがサンプルを採取し検査を受けたところ、陽性ケースは確認されませんでした。

これを受けてマカオ特区政府は、19日正午から珠海市に入境する者は48時間以内のPCR検査の陰性証明書を持っていれば14日間の集中隔離が免除されると発表しました。
参照:18日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから