◆アストラゼネカ製ワクチン、750万本を寄付
アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンが血栓を引き起こす可能性があることから多くの国で接種が禁止されており、香港特区政府も昨年調達したものの接種はしていません。
i_src_097376626
△星島日報
政府は12日、世界ワクチン免疫連盟とアストラゼネカとの三者協議で、調達した同ワクチン750万本のすべてをCOVAXに寄付すると発表。

ワクチンは来年第2四半期に何陣かに分けて輸送されることになります。

特区政府は昨年末、アストラゼネカのワクチンを調達し、今年第2四半期に香港に供給される予定でした。

しかし、副作用の問題により特区政府食物及衛生局の陳肇始・局長は4月初めに、香港はすでに十分なワクチンがあるため、アストラゼネカのワクチンを年内に香港に供給する必要はないと発表していました。
参照:13日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから