◆林鄭長官、出入境再開は第一の目標
林鄭月娥・行政長官は9月28日、SNSで中国本土との出入境再開に言及しました。
_2021092814532613165
△星島日報
林鄭長官は「香港の新型コロナウイルス流行が引き続き落ち着いていることから、本土との出入境再開を第1の目標とみなして特区政府は努力を惜しまない」と表明。

香港市民は検疫免除で中国本土に赴けるようになることを望んでおり、それは林鄭長官と特区政府が非常に気にとめていることと述べました。

林鄭長官は、これまでも絶えず中央政府に早く専門家レベルで両地の協議を進め、出入境再開のために条件を整えることを要請してきました。

26日には初めて国家部門との専門家会議を深セン市で開催、特区政府は会議で提示された内容に積極的に対応しているとのことです。
参照:28日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから