◆10カ国、ワクチン接種の記録を認可
特区政府は9月20日、イラン政府が発行した新型コロナウイルスワクチンの接種記録を認可すると発表しました。
_2021092018051550703
△星島日報
政府はすでにイラン政府との協議を完了し、22日午前零時からイランのワクチン接種記録をAグループ地域に滞在した香港住民のワクチン接種記録として認可します。

政府はまたチリとニュージーランドの政府ともワクチン接種記録の認可協議を完了。

イランと同様に22日午前零時から認可します。

このほか特区政府は先に欧州連合(EU)がデジタル通行証システムの下で認可したワクチン接種記録を認可すると発表。

また、EUは最近、デジタル通行証システムの下でアルバニア、イスラエルなど7カ国のワクチン接種記録を認可すると発表しており、特区政府は22日午前零時からこれら地域のワクチン接種記録を認可となります。
参照:20日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから