◆ベビー用ボディーローションにアレルギー物質
消費者委員会は先ごろ、市販の赤ちゃん向けボディーローションの成分検査を行い、その結果を9月15日に発表しました。
_2021091517564340047
△星島日報
調べたのは香港で市販されていてよく見かける40種。

そのうち55%の検体はアレルギーを引き起こす可能性がある香料が含まれていることが分かりました。

そのうちの1種からは、アレルギー性が高く欧州連合(EU)で使用が禁じられているヒドロキシイソヘキシル-3-シクロヘキセンカルボキシアルデヒド(HICC)およびブチルフェニルメチルプロピオナール(BM HCA)が検出されました。

消費者委では、安全性を示すデータがない香料はメーカーが自主的に使わないようにすべきと指摘しています。

一方、今回の検体のうち8種には「低アレルギー処方」と表示されていたがアレルギー物質やが検出。

さらにその中の1種は「ホルムアルデヒド0%」および「ホルムアルデヒド無添加」と表示されていたものの実際には微量のホルムアルデヒドが含まれていました。

このほか、ラベンダーの香りや成分入りと書いてあった9種の検体にはリナロールやシトロプテンが含まれていることが分かりました。

リナロールやシトロプテンは気化した後はアレルギー性の高い物質になるため、注意が必要とのことで、消費者委員会では、商品の説明書きや表示をうのみにせず、赤ちゃんが香料に対するアレルギーや湿疹、ぜんそくを持っている場合には無香料の製品など適度な製品を選ぶよう呼び掛けています。
参照:15日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから