◆キャセイ、ワクチン接種拒否で解雇
キャセイパシフィック航空はこのほど、新型コロナウイルスワクチンを接種せず、医師のワクチン接種免除証明も提出しなかった一部のクルーを解雇したことが分かりました。
_2021091311040338094
△星島日報
平等機会委員会の朱敏健・主席は従業員が医学的理由で会社の措置の要求を満たせないために解雇などの差別待遇を受けた場合、会社は障害差別条例の間接差別に触れると指摘。

解雇された職員は平等機会委員会に問い合わせまたは通報できると言及しました。

また業界によって状況が異なるため目下のところキャセイのやり方を論評することは難しいと前置きしながらも「ワクチン接種要求が必要であって理にかなっており、職員が医学証明を提出せず、同職員の配置転換が困難なために解雇する必要があるならば、差別条例には違反しない」と説明しました。
参照:
13日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから