◆接種率を引き上げ、段階的に措置を緩和
新型コロナウイルスワクチン臨床事件評価専門家委員会の孔繁毅・共同召集人は、8月28日、出入境再開の見通しに言及しました。
_2021082809512788704
△星島日報
孔氏は「デルタ変異種ウイルスの伝播率は高く、1人の感染者から約7人に感染する。このためワクチン接種率が85%以上に達して初めて免疫バリアが形成される」と指摘。

今後2〜3カ月で香港のワクチン接種率を引き上げ、高齢者の接種率が70%に達すれば段階的に防疫措置を緩和し、徐々に出入境を再開することを検討できるとの見方を示しました。

また、高齢者が最も懸念しているワクチンの副作用については、すでに市民が接種した700万回のワクチンのうち深刻な異常事件は569件で、70歳以上の事件はわずか10%と指摘。

高齢者はひとたびコロナに感染すれば死亡率は30%に達することや、老人ホームでの集団感染の懸念から高齢者はワクチンを接種すべきと述べました。
参照:28日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから