◆海洋公園(オーシャンパーク)、BOTで投資誘致
香港海洋公園は再生案に着手し、8月20日に入札前の応札資格予備審査を発表しました。
i_src_660013836
△星島日報
園内に3つの新たなテーマゾーンを増設する計画で、敷地面積は計37万6000平方メートル。

このうち山の下のゾーンは先に発表されていたように無料で開放され、小売り・飲食・レジャーゾーンと合併します。

山の上の「急流天地」は「冒険テーマゾーン」に改築し、屋外絶叫マシーンが設置。

山の上の南側と隣接する水上楽園は「健康テーマゾーン」として開発となります。

海洋公園はBOT方式で開発を委託し、今年末から来年初めに入札手続きを行います。
参照:21日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから