◆B類飲食店、7日ごとに検査実施
特区政府は先に新型コロナウイルス変異種ウイルス株の脅威に直面し、第5波の流行が香港で起こりかねない状況であると表明しました。
_2021081320244776962
△頭條日報
食物環境衛生署は13日、飲食店内でのウイルス伝播のリスクを考慮した防疫措置の引き締めについて説明。

特に顧客は飲食店内にいる大部分の時間はマスクを着けていないため、B類飲食店の職員に対するウイルス検査規定をさらに引き締める必要があると指摘しました。

食物環境衛生署は、飲食店経営者にレターを送り早めに準備を行うよう呼びかけています。

食物環境衛生署は「預防及控制疾病(規定及指示)(業務及処所)規例」(第599F章)の下での現行の指示に基づき、B類の飲食店のすべての職員は8月12日から今後は7日おきにPCR検査を行い、陰性結果を確認をすることになります。

尚、ワクチン接種を完了している職員は定期的に検査を行う必要はありません。
参照:
15日付頭條日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから