◆米国から帰った男性、変異種ウイルス感染
特区政府衛生防護中心は7月19日、L452R変異種ウイルス株の新型コロナウィルス流入ケースの感染者が初歩的に確認されたと発表しました。
_2021071919584863954
△星島日報
政府は同日午後7時半に感染者の居住するセントラルの尚賢居を封鎖、住民に強制検査を実施。

男性は27歳男性。

7月4日に米国に赴き、18日に香港に戻ってきており、香港到着時に空港の臨時サンプル採取センターで検査受けた結果は初歩的に陽性でした。

米国で最近感染した可能性が高いため、流入ケースに含まれています。

尚、男性は4月26日と5月17日に香港でバイオNテックのワクチンを接種していました。
参照:19日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから