◆使い捨てプラスチック食器など禁止へ
特区政府環境保護署は7月9日、使い捨てプラスチック食器の管理規制スキームの諮問文書を発表しました。
_2021070919102839466
△星島日報
第1段階では使い捨て発泡スチロール食器と店内飲食用使い捨てプラスチック食器の使用を全面的に禁止することとし、2025年実施を目標としています。
_2021070918390391532
△星島日報
環境保護団体「緑惜地球」のスポークスマンによりますと、2019年は香港では毎日200トンものプラスチックや発泡スチロールの使い捨て食器が埋立地に廃棄されており、一人当たりの年間廃棄数は約1,940個に上るとのこと。

さらに長引く新型コロナ流行の下、レストランでの持ち帰り用のプラスチックや発泡スチロール製食器の使用率はコロナ前に比べ50%以上増加していると推測されています。
_2021070919044338619
△星島日報
「緑惜地球」は立法を歓迎しながらも、2025年に実施することは欧州連合(EU)や中国本土にはるかに後れを取ると批判。

中国本土では、すでに「プラスチック制限令」を打ち出し、今年から使い捨て発泡スチロール食器と分解不可能なプラスチックストローの使用を禁止しています。
参照:9日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから