◆第5世代ピークトラムが引退
32年間にわたり運行してきた第5世代のピークトラムが27日に引退しました。
MQ5PE7VdG2Ve1iL_MRSZCdRKldTPB_CgJaLhyCWi4cg
△香港01
ピークトラムは同日の運行終了後、システムや線路の交換などの改修工事のため、約6ヶ月間、一時的に運行を停止します。
xipdBZoHLxpLQ9Gc1gmC1l-LiLPB_uvb3266Cd9uugk
△香港01
27日午後は、ピークトラムに乗ろうと、ガーデンロードの駅には大勢の人が列をなし、香港公園スポーツセンターまで列が伸びていました。
saIE1Uvklfm35WquWVWuiJRjpm-N8UIJDLGwHgyxsB4
△香港01
午後にはピークトラム駅に多くの人が訪れ、写真を撮ったり、思い出話に花を咲かせていました。

第6世代のピークトラムは、車内中央部の波状のデザインはそのままに、ドアを広げて乗客の利便性を高めています。
LkL9jjQOOwy2LjWAEdHHjWskVUlCzEQPMZJCjDGSQow
△香港01
山頂纜車有限公司代表の曽瑛美氏は、ピークトラムは香港の時代の変遷と観光客の全盛期を見てきて、香港の文化を宣伝する役割を持つ、と指摘。
KRx3Kwiyb46Le6uO9HI8DYLNleiDvNUDAa-EygGvhMo
△香港01
「第6世代の運行開始時の新型コロナ流行状況と来港者数は予測できないが、出入境が再開して、より多くの観光客にピークトラムに乗車してほしい」と述べました。

今後は、市場の状況に応じて運賃を検討するとのことです。
参照:27日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから