◆変異種ウイルス隠してた男女が収監 
コミュニティーに流入した初の変異種ウイルス案件のインド人男性とその恋人は行動記録での虚偽の資料提供などの罪で起訴されました。
関連記事:東涌のマンション、1000人以上が強制検疫に
関連記事:中環~長洲島の往来者は強制検査
hong-kong-1547512_1920 (1)
2人はそれぞれ7つの罪を認めています。

原告側は2人が行動記録を隠匿したために9人が感染し、1600人が避難を余儀なくされたほか、香港全域の外国人家政婦が強制検査を受けなければならなくなったと指摘。

裁判官は同案件が新型コロナウイルスにかかわることから深刻とみて、7月5日に判決を下すことを決定。

それまでの間、2人は収監されることとなりました。
参照:22日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから