◆ワクチン接種で、飲食店の規制を緩和に
林鄭月娥・行政長官は4月12日、記者会見を行い、新型コロナウイルスの最新の防疫措置を発表しました。
_2021041216322588969
△星島日報
林鄭長官は業界の強い要求に理解を示し、徐々に正常な生活や人員往来を回復させることやワクチン接種のインセンティブを説明。

今後は「ワクチンバブル」を基礎に防疫措置はワクチンを接種しているかどうかで調整すると指摘しました。
_2021040923335513166
△星島日報
また現行の防疫措置を2週間延長して28日まで維持すると発表。

飲食店の面では、顧客は「安心出行」を使用することにして、連絡先を記入することは受け付けないこととなります。

ただしスマートフォンを持っていない高齢者は免除されます。
fa7fb9c2-s
今後の措置の流れ:

第1段階としては、職員がすでにワクチンを接種していれば、1卓の利用を4人から6人に緩和し、店内飲食は午前零時まで延長できることとします。

入店率は50%で、宴会は上限20人の規定は維持。

第2段階としては、職員がすでにワクチンを接種し、顧客は「安心出行」を使用することとし、店内の特定のエリアをワクチン接種者に限定する場合は、1卓の利用を8人まで拡大可能。

店内飲食を午前2時まで可能とし、宴会の人数上限を100人に拡大できることとします。
参照:12日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから