◆広東省以外からの帰還、隔離免除検討
林鄭月娥・行政長官は4月8日、立法会の質疑応答に出席し、中国本土から香港に戻る際の隔離を免除する「回港易」スキームを広東省以外の地域にも拡大することを検討していると述べました。
_2021040820463067060
△星島日報
林鄭長官は、香港市民の中国本土からの帰還以外にも、一部の中国本土住民が香港を訪問する際に隔離を免除する「来港易」スキームも検討していると明かしました。

呼吸器専門医師である梁子超氏は、政府は感染のリスクが低い一部の都市について適度に規制を緩和できると指摘。

中国本土の個々の省や都市ではまだ局地的な流行があるものの、他の省や都市での感染リスクは香港よりも低いため「政府は全面的な緩和ではなく、貿易や商業が盛んな一部の主要都市に対する規制緩和を優先することができる」と述べました。
参照:8日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから