◆中国政府、米国政府に内政干渉を非難
中国政府は3月20日、米国政府とのハイレベル戦略対話で内政干渉を非難しました。

中国政府は「わが国の主権と国家の尊厳を守ることを決意しており、他国が中国の内政に口を出すことに断固として反対する」と述べ、香港、台湾、新疆ウイグル自治区、チベット自治区に関する米国の指摘に反論。

また、中国側は、米国側に対し「香港特別行政区の選挙制度は中国の地方選挙制度であり、香港特別行政区の選挙制度の改善は中央政府の問題である」と強調しました。
i_src_031873347
△星島日報
これに対し米国側は「一つの中国」の政策を堅持すると表明しました。

米国は、全国人民代表大会(全人代)が11日に「香港特別行政区の選挙制度改善に関する決定」を可決した後、16日に、24人の中国・香港の政府関係者に対する制裁を発表していました。
関連記事:
米国が中国・香港の官僚24人制裁、香港は譴責声明
参照:21日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから