◆米国が中国・香港の官僚24人制裁、香港は譴責声明
米国のブリンケン国務長官は「香港自治法」報告書を更新し「中国の全国人民代表大会(全人代)が香港の選挙制度を破壊することを決定した」と表明しました。
関連記事:全人代、「香港の選挙制度」改善を可決
IMG_6122
△頭條
ブリンケン長官はこの報告書で、中国と香港の24人の官僚の行為が香港の自治を弱体化させたとみなし「これらの関係者と重大な取引を行った外国の金融機関は制裁の対象となる」と言及。

中国・香港の官僚24人には、全人代常務委員会の副委員長14人、国務院香港マカオ弁公室、中央政府駐香港国家安全公署の官僚が含まれています。

一方、香港特区政府は3月17日、米国の国務省が中国・香港の官僚24人に対する制裁を発表。
_2021031717175339768
△頭條
政府スポークスマンは「米国政府は前政権の明らかな過ちを改善しないばかりか同様の誤った行いを選択している」と非難。

国際慣例を無視して中国の内政である香港特区事務に干渉していることに極度の失望を表明しました。