◆全人代、香港の選挙制度改革を審議
全国人民代表大会(全人代)は3月4日夜に記者会見を行い、今会議の10項目の議程を発表。

全人代常務委員会が提出した「全人代が香港特区の選挙制度を改善する決定(草案)」の議案審議が含まれていることが分かりました。
_2021030419144818917
△夏宝竜・副主席(国務院香港マカオ弁公室主任):星島日報
全国政協の張慶黎・副主席と夏宝竜・副主席(国務院香港マカオ弁公室主任)は4日夜、政協礼堂で香港の政協委員と接見し、香港選挙制度の改革案を説明。

行政長官選挙委員会に、第5分野を新設し議席数は1200人から1500人に拡大、ただし区議会議員の117議席は撤廃します。

行政長官候補の指名ハードルは150人から188人に引き上げ、各分野から少なくとも15票を得なければなりません。

立法会は70議席から90議席に拡大し、新たに増える約20議席は選挙委員会から選出、区議会第2枠(俗称・超級区議会)の5議席は撤廃します。

各政協委員には会議の内容を公表してはならず、11日に全人代が決定を発表して初めてコメントできるとしました。
参照:4日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから