◆前行政長官・梁振英氏、次期行政長官選に出馬か
全国政協副主席で前行政長官の梁振英氏は3月3日、ロイターのインタビューを受け、次期行政長官選挙に立候補する可能性を示唆しました。
_2021030319060214846
△前行政長官の梁振英氏:星島日報
ロイターの記者が梁氏に再び行政長官選挙に出馬するかどうかを尋ねた際、梁氏は「香港のため、国家のために最善をつくす」と述べ、過去の職務に戻ることについて否定はしないと明言しました。

梁氏はインタビューの中で、行政長官選挙に立候補するには40歳以上の中国国民で、香港に20年以上居住していなければならないため、自身は数百万人の香港市民の中で資格を持つ1人だと指摘。

現職の林鄭月娥・行政長官の5年の任期は2022年3月に終了するなか、現在66歳の梁氏は香港の政界と財界で一貫して注目され、林鄭長官の次の行政長官となる可能性が最も高いとみられています。
参照:3日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから