◆ドイツ製のワクチン、27日に到着
香港特区政府が発注したドイツのバイオNテックによる新型コロナウイルスワクチンの第1陣が早ければ2月27日朝に香港に到着することがわかりました。
関連記事:バイオNテックワクチンの注意点とは?
関連記事:香港大学医学院 梁院長、「ワクチンの保護作用は1〜2カ月後」
_2021022516465040141
△星島日報
政府は24日、復星医薬とバイオNテックが共同開発したワクチンが24日にドイツから出荷できず、25日には香港に到着しないことが通達されたと発表。

これは、ワクチンの輸出手続きが完了していないためとのことですが、欧州連合(EU)のワクチン輸出規制とは関係ないとしています。

香港に供給される100万本のワクチンは製造工程を完了し、安全性と品質のテストに無事合格したことが確認されました。

ワクチンは、ドイツから2便のフライトに分けて香港に届けられる予定です。
参照:25日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから