◆遺棄?儀式?!大量のカメが発見
先ごろ大埔で大量のカメが見つかり、政府当局が動物を遺棄しないよう呼び掛けています。
_2021022419344958325
△頭條日報
大量のカメがみつかったのは、新界・大埔の打鉄刃村一帯。

カメが捨てられていると市民から通報があったため漁農自然護理署が調査に向かい、2月23日にアカミミガメとみられる十数匹のカメを保護しました。
_2021022419325265332
△頭條日報
現場ではすでに数十匹が死んでいたとのことです。

香港では、魚やカメ、鳥など生きた動物を野に放したことで徳を得る「放生会」という習俗があることから、今回見つかったカメはその目的で野に放たれたものか、それともペットショップや輸入業者、飼い主によって遺棄されたものかは不明。
_2021022419325017503
△頭條日報
当局ではここ数日、周辺のパトロールを強化。

現場にはカメが食べられるようなエサはなく生存していくのは難しいと指摘しており、野に放たないようよう呼び掛けています。
参照:24日付頭條日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから