月~金に配信中の「香港ポスト」メルマガニュースから最新情報をピックアップ!
メルマガ登録はコチラから。

◆自然保護区、鳥の糞からインフルウイルス
新界にある米埔自然保護区には湿地が広がり、多くの渡り鳥が飛来することで知られていますが、政府漁農自然護理署は1月14日、同保護区の環境サンプルから鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを発表しました。
mfile_1570461_1_L_20210114210404
△RTHK
香港大学公共衛生学院の研究チームは定期的に同地区を訪れて環境サンプルを採取し鳥インフルに対する監察を実施。

6日に採取したサンプルのうち、鳥の糞のサンプル2個から「H5N8型」のウイルスの検出が確認されたことが分りました。

同保護区を管理する世界自然保護基金(WWF)香港支部ではこの報告を受けて、すでに野鳥観測小屋や浮き橋などの参観者用施設の消毒を行ったほか、保護区の入り口に消毒液を設置し出入りする人が靴の底を消毒できるようにしたのことです。

また、同保護区の3キロ範囲内には養鶏場はないものの、漁農自然護理署では冬シーズンに入って以来、鳥インフルへの警戒を強化。

また、野鳥や家禽類やその糞に接触ないようにし、もし接触した場合はすぐによく手を洗うよう、市民に注意を呼び掛けています。
参照:14日付RTHK
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから
☆無料メルマガ登録はこちらから
※hotmail、outlook、icloud、me.comは配信されにくいので、ご注意ください