香港ー最新情報
◆香港5番目の航空会社「大湾区航空」が設立
香港の航空会社として5番目となる「大湾区航空」が設立されることがわかりました。
i_src_031047596
△星島日報
大湾区航空は深セン東海航空の黄楚標・会長が設立。

すでに民航処に運航申請を提出し、香港第5の航空会社なる見込み。

黄会長は中国本土と東南アジアの短距離路線を開拓する意向で、航空運営者の許可証を準備中で早ければ来年夏休みシーズンに開業します。

航空機材はボーイング737を主とし、準備段階では2億ドルを投じて人材募集と機材導入を進め、その後は毎年約2億〜3億ドルを機材購入などに充てるとのこと。

キャセイ航空のパトリック・ヒーリー会長は「大湾区航空の運航申請は良いことで、投資家が香港の航空ハブとしての役割に長期的な信頼を寄せていることを証明している」と述べ、ライバル参入を歓迎しています。
参照:13日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから
☆無料メルマガ登録はこちらから
※hotmail、outlook、icloud、me.comは配信されにくいので、ご注意ください