香港ー最新情報
◆マニラ封鎖で家政婦が香港来られず
フィリピンでは新型コロナウイルス肺炎(COVID―19)感染者が10万人余りに達し、東南アジアでは感染者が2番目に多い国となっているなか、首都マニラと近隣の4省が今月4日から2週間にわたって都市封鎖されることとなりました。
i_src_004738119
△星島日報
香港のある外国人家政婦仲介会社は、フィリピン国内の公共交通機関が停止したため、数百人のフィリピン人家政婦はマニラ空港に向かうことができず香港に来られなくなったことを明らかにしました。

新型コロナ流行が始まって以来、出入境制限と一部オーナーがウイルス検査と隔離の費用負担を拒否している影響から、香港に来て働ける外国人家政婦は20%足らずしか残っていないとのこと。

ですが、現在の状況では香港の雇用主の多くはもともとの家政婦の雇用を続けるか、香港にとどまっている外国人家政婦を雇用しているため、影響は小さいとみられています。
参照:4日付星島日報
IMG_20200708_174310-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから
☆無料メルマガ登録はこちらから
※hotmail、outlook、icloud、me.comは配信されにくいので、ご注意ください