香港ー最新情報
◆アポロ、KFCのアイスなど、基準値超える細菌
香港消費者委員会はこのほどアイスクリームとアイスキャンディーに含まれる細菌の検査を行いました。
IMG_1168
△香港01
検査したのは市販されている29アイテムで、あらかじめ包装された商品とそうでない商品が含まれます。

検査の結果、あらかじめ包装されていない2アイテムのサンプルで総合的な細菌と大腸菌の含有量が法例の基準値を超えていたことが分かりました。

1つはアポロの「ミントチョコレートアイス」で、総細菌含有量が1グラム当たり5万8000個。

もう1つはKFCの「特選牛乳チョコレートクッキーサンデー」で、大腸菌が1グラム当たり280個でした。

食物安全中心は調査の後、KFCに同商品の販売停止を命令し、徹底的な清掃と消毒を行いました。

またマクドナルドの「チョコレートコート・ストロベリーサンデー」(底にはストロベリージャムが入っている)と「Sweets House CHA CHA豪華版」のソフトクリームからは防腐剤のソルビン酸が検出されました。

ソルビン酸は毒性は低いものの、乳類と脂肪を主とするデザートへの添加は認められていません。
参照:16日付香港01
IMG_20200507_170056-1280x720
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆PDF版ダウンロードはこちらから
☆香港内の主な配布先はこちらから
☆無料メルマガ登録はこちらから
※hotmail、outlook、icloud、me.comは配信されにくいので、ご注意ください