香港ー最新情報
◆ペニンシュラ香港、平均賃貸料4395ドル
尖沙咀にあるペニンシュラ香港を経営する香港上海大酒店は14日、第1四半期の業績発表を行いました。
RS=^ADBCFWD40IXvCfTQXznwNYxxqIcb4o-
新型コロナウイルス肺炎(COVID―19)流行によって旅行業とホテル業は直接的な影響を受けていますが、ペニンシュラ香港の第1四半期の客室賃貸率はわずか14%にとどまり、
客室の平均賃貸料4395ドルで前年同期比26.6%、前期比8.8%の下落となりました。

客室賃貸は前年同期比56%減、前期比22%減。

賃貸可能な客室の平均収入は前年同期比85%減の616ドルで、前期比で64.1%減。

同社のマイケル・カドゥーリー会長は、新型コロナ流行は今後数カ月で収束し、米中貿易摩擦の影響も減退しているものの、香港の政局を注視しており「今年の夏により過激な社会的動揺が発生する」との見方を示しています。
参照:14日付星島日報
関連記事:
香港の4つ星ホテル、1泊500ドル
関連記事:インターコンチネンタル香港、改装のため休業へ
IMG_9467
☆創刊1987年、日本語新聞「香港ポスト」は、香港、中国本土の政治、経済、社会ニュースを毎日配信
☆香港内の主な配布先はこちらから
☆無料メルマガ登録はこちらから
※hotmail、outlook、icloud、me.comは配信されにくいので、ご注意ください