昨日の地元大衆紙【蘋果日報】。
20141006143037_00001
作家、タレントとしてご活躍されている、乙武洋匡さんが、香港に来たという見出しの記事。

この記事を見ながら、お会い出来たらなぁ~と思っていました。

昨夜、金鐘(アドミナルティ)を取材していたら・・・
なんと偶然にも、香港市民の拍手のなか乙武さんが現れたのです!

98年に大ベストセラー本となった「五体不満足」は、香港でも翻訳され読まれています。
そのため、乙武さんを知る人も多く、デモ現場でも多くの人から、「香港に来てくれてありがとう!」の声が。
IMG_5616

IMG_5622
急なインタビューにも関わらず、にっこりと「いいですよ」と、乙武さん。
デモ現場から少し離れた中環(セントラル)寄りの幹線道路にて。
IMG_5627

乙武さんに、来港の理由を聞いてみると
「日本でも報道は見ていましたが、ニュースから熱いものが伝わり、実際に自分の目で見て現場を確かめたいと
思って来ました」。
思い立ってすぐにその足で香港行のチケットを買ったそうです。

「ここ最近、台湾のデモがあったり、スコットランドの独立問題など、
世の中の様々な出来事を見るたびに思うのは、若者たちのはっきりした意見です。
あれにはハッとさせられます。
そして今の日本に、自分の意見を述べられる若者がどれだけいるのかとふと考えたのです。
海の向こうの若者たちの主張をみてほしいと思ったのもありましたね。
そのためにはまずは、私がしっかり現場を生で見て、香港市民と対話したかったのです」。
IMG_5640
これだけ多くの人がいても、秩序が保たれ、平和的に運動しているのが印象的だとも話します。
乙武さんは、滞在している期間中デモの中心地となっている場所を訪れ、香港市民の声に耳を傾けています。

「多くの困難を伴っても真摯に立ち向かっている姿を目に焼き付けて、日本で伝えていきたい」
IMG_5624
深夜遅い時間帯の取材でしたが・・・乙武さん、ありがとうございました!
疲れが一気に吹っ飛んだ、この日最後の取材となりました。