楢橋里彩

立法会

12日に立法会にて逃亡犯条例の改正が審議されるのに向け、過激な勢力は11日深夜から立法会議事堂の包囲を開始。分散して議事堂や特区政府本庁舎を襲撃する行動を計画し、包囲。香港全域でストライキと授業ボイコットを行うなど、多くの市民が参加、議事堂周辺に集まり審
『「逃亡犯条例」改正反対運動、立法会包囲へ』の画像

立法会で5月16日、日本からの食品輸入規制措置に関する質疑応答が行われました。質疑したのは、香港特区行政会議の非官僚メンバーである張宇人氏(自由党)。同氏による書面での質疑に対し、特区政府食物及衛生局の陳肇始・局長が書面で回答したものです。尚、張氏は昨年、
『立法会にて、日本食輸入規制問題の質疑応答』の画像

数日前から「立法会での議事妨害を抑制するための議事規則改正」に反対する デモ隊が議事堂周辺でテントを張って抗議活動を行っています。文匯報 「独立デモの学生が銃所持で逮捕」かねて民主派による議事妨害により、公共プロジェクトが滞り建設業界から批判の声 が上がっ
『立法会前のデモ、男子学生を模倣銃所持で逮捕』の画像

本日発売の「週刊金曜日」。週刊金曜日は、日本で販売されている、政治、経済、環境問題を取り扱う週刊誌。作家 落合恵子さん、石坂啓さんらが編集委員を務めており、私も僭越ながら、香港発信リポートを時折書かせて頂いています。「週刊金曜日」には「たとえば世界でいま
『本日発売「週刊金曜日(1081号)」 の【たとえば世界でいま】の欄にて香港リポートを掲載』の画像

10日付の地元紙「太陽報」。旧正月(春節)の元日にあたる、8日深夜から9日未明にかけて、旺角(モンコック)で起こった「暴動」。事の発端は、過激な民主派団体「本土民主前線(※「本土」といってもこの場合は中国本土でなく香港の意味)が、旺角の違法屋台取り締まりに反
『旧正月に起きた「旺角(モンコック)暴動」の背景』の画像

↑このページのトップヘ