楢橋里彩

香港ニュース

香港の伝統文化らしいニュース。写真は5月7日付のアップルデイリーより。見出しは「Gucci(グッチ)が弁護士を通じて祭壇用品店に謝罪」日本ではお盆に迎え火や送り火を焚いて、お供え物として果物やナスに足をつけたのを置いたりしますがもちろん中国にも同様の習慣はありま
『 Gucciが謝罪、「供え物」バッグ問題』の画像

記事(上)は、3月29日付けの地元紙「大公報」より。「民主派の内部闘争 鬼が鬼を打つ」同じく3月29日付地元紙「明報」より。「香港民族党が成立、共和国を提唱」「香港を独立させる」という動きが若者からでてきています。3月28日に発足したばかりの「香港民族党」。招集人
『”香港独立”をめざして発足された「香港民族党」』の画像

2月28日に行われた立法会補欠選挙。立法会議員に欠員が出た場合行われるもので、今回は公民党を離党した湯家●氏(馬ヘんに華)の辞職を受けたもので、2010年以来、6年ぶりでした。立候補したのは、公民党の楊岳橋氏、民主建協進連盟(民建連)の周浩鼎氏、新思維の黄成智氏
『立法会補欠選挙、政治勢力図は変わらず』の画像

2月25日付 地元紙「明報」より。 見出しは「バラマキ388億ドル、免税額拡大」財務長官の曽俊華(ジョン・ツァン)氏(写真左)が24日に発表した2016年/17年度の財政予算案。主に「新経済秩序」と銘打ち香港の競争力を維持・強化するための措置を網羅しました。新経済秩序と
『バラマキ388億ドル<2016年/17年度の財政予算案発表>』の画像

10日付の地元紙「太陽報」。旧正月(春節)の元日にあたる、8日深夜から9日未明にかけて、旺角(モンコック)で起こった「暴動」。事の発端は、過激な民主派団体「本土民主前線(※「本土」といってもこの場合は中国本土でなく香港の意味)が、旺角の違法屋台取り締まりに反
『旧正月に起きた「旺角(モンコック)暴動」の背景』の画像

最近、香港で大きな問題となっているニュースをピックアップ!地元大衆紙『大公報』より見出しは「港珠澳大橋、追加予算が通過」地元紙『星島日報』見出しは「陳健波が議事妨害を阻止、港珠澳大橋54億ドルの追加予算が通過」香港、珠海、マカオを結ぶ橋りょう、港珠澳大橋や
『大型インフラプロジェクト「港珠澳大橋」、追加予算がようやく通過』の画像

24日の地元紙「香港経済日報」より見出しは「投票率が過去最高の47パーセントに。親政府と民主派の勝敗は言い難い」同じく24日の地元紙「星島日報」より見出しは「民県連が115席大勝 何俊仁氏と憑検基氏が落選」     22日、香港の区議会選挙の投票が行われました。香港
『香港区議会選挙、過去最高の投票率に』の画像

香港で最近起こった珍騒動をご紹介。『星島日報』より<50匹が小学校に乱入して狂乱 メス猿を捕まえて見せしめに>地元紙「りんご日報」より <50匹がバスケットコートを占拠>騒動が起こったのは、黄大仙(ウォンタイシン)周辺。黄大仙といえば、古くからある寺や、その
『<珍騒動>野ざる50匹が下山‼小学校に侵入』の画像

↑このページのトップヘ