香港が中国へ返還されてから7月1日で21年。
download
この日は、午前8時より湾仔の香港コンベンション&エキシビションセンターにて返還記念式典が行われ国旗と区旗の掲揚式が行われました。
download download
式典にはキャリー・ラム行政長官をはじめ、董建華・元行政長官、梁振英・前行政長官、中央政府からは中連弁の王志民・主任らが出席しました。
downloaddownload
ラム氏は、式典のなかで「(香港独立宣揚など)国家の最後の一線に触れる行為は絶対に容認できない」と強調したうえで、各界は憲法、基本法、国家の安全に対する認識を強化、一国二制度を活用し、中央の支援のもとで一帯一路や粤港澳大湾区の建設に積極的に参入すべきである亅と述べました。

そして午後に、毎年返還記念日に行われる「七・一デモ」。
download
主催は、民間人権陣線。今年は、警察の推計では1万人を割り込んで過去最低となりました。
36475772_2031778236842051_6411973795938041856_n36465344_2031778140175394_8528413759624970240_n
今回のテーマは「一党独裁を終結させて香港陥落を回避」。
3月の憲法改正で中国共産党の指導的地位が確立されたため、今後は一党独裁の終結を唱えると憲法違反になるかどうかに挑戦するものでした。参加者たちはビクトリア公園から特区政府本庁舎まで歩きました。
36459916_2031778203508721_693782598652002304_n36474733_2031778093508732_8140150605852180480_n