securedownload
株式会社ぐるなびが主催する「Japanese Restaurant Week」
このイベントに参加する、香港の日本食レストラン74店で食事をするとラッキードローカードがもらえ、キャンペーンにログインすることで抽選に参加でき、豪華賞品が当たる、という期間限定のイベント。
香港での日本食ブームのなか、多くの皆さんにさらに香港、日本で日本の食を堪能してもらい、ぐるなびサイトで日本食のことを検索してもらうことで、さらに一歩進んだ和食文化の普及促進を目指すというものです。

先日オープニングイベントが、このイベントに参加する、銅鑼湾にある和食レストラン「海老の髭」で開催されました。海老の髭といえば今年の3月にオープンしたばかり。
私もレストランオープニングでは司会をさせていただきました♪(その模様はコチラから
securedownload
今回のイベントは春に続いて2回目☆豪華賞品もさらにパワーアップしています!
ざっと紹介しますと・・・
A賞:香港日本往復ペア航空券(全日空提供)2組4名
B賞:築地直送海鮮セット(うに、ほたて、かに、まぐろ)5名(1名4種)
C賞:稲庭うどん詰め合わせセット 10名
D賞:福袋 20名
E賞:手ぬぐい 50名などなど!!!


他にも日本政府観光局(JNTO)と連携した「地方の食の魅力を発見するツアー」など、ますます日本への旅行を盛り上げるツアー企画が沢山~☆
securedownload 
securedownload
店内には地元のメディアが多くつめかけました。

日本政府観光局(JNTO)によると、今年の1月~8月に香港から日本を訪れた訪問客は991,800万人を超え、昨年の同期と比べ実に7割も増加、最高記録とのこと。
アジア他国に比べ圧倒的にリピーター訪問が多いのも香港。
また香港人が日本で体験したいことのトップは、食体験、続いてお土産もの、観光地巡り。
今年訪問客が増えている都道府県のトップは宮崎県、三重県、富山県そして福岡県が。
九州、四国に関心を持っている人が増えているようです。
旅行先で興味のあることのトップは温泉、続いてラーメン、自然、和牛、和菓子。
ラーメンが2位になる国は他にはなく、いかに香港の人々が日本のラーメン好きかがよくわかります。
securedownload
株式会社ぐるなび執行役員の杉山尚美さんと。
杉山さんは、「香港では日本食レストランは1200店舗ほどまで拡大し、全体の飲食市場の10%占めるほどになった。こうしたなか、今、日本の郷土料理に興味を持ってくれる人が増加している。日本の郷土料理は江戸時代から続く300の藩で育ってきたもの。この300の地域に根付いている食文化は日本の宝であり、その素晴らしを、より海外の人々に知ってもらいたい」と話されました。

Japanese Restaurant Week今月22日~11月4日まで
香港の74店舗はコチラから